30代未経験でも稼げる女性ウェブデザイナーになるための3つの条件

児島由佳

おうちにいながらできる仕事の中でも、女性に人気なのが「webデザイナー」。

フリーランスとして働けば、子育てしながらでも自分の好きな場所で、自分のペースで働けることで、人気ですよね。

でも、未経験から始める場合、仕事として稼いで、一人で本当にやっていけるのか、気になりませんか?

この記事では、ウェブデザイナーとしての働き方が気になっている女性のために、女性で未経験からウェブデザイナーになった方の体験談を基にして、

  1. 多くの人が気付いていない、ウェブデザイナーの落とし穴
  2. 30代未経験からのウェブデザイナーで稼ぐ秘訣
  3. 稼ぎ続けるウェブデザイナーになるための3つの条件

以上の項目についてお届けします。

児島由佳

ウェブデザイナーになるための情報は多いけど、なってからのことは検索してもあまり分かりません。

この記事では、個人事業主・フリーランスの女性のパートナー法人として活動しているワタシ、第三者の目から見て、「未経験ウェブデザイナー」を取り巻く課題をお伝えしていきます。

※本記事は、実際に30代未経験からスクールに通い、ウェブデザイナーになった女性2名の体験を基に執筆しています。

目次

多くの女性が気付いていない、ウェブデザイナーの落とし穴

「ウェブデザイナー」と検索すると、たくさんのウェブデザイナー用スクールの広告や情報が目に入ります。

そのどれもが「未経験からウェブデザイナーになれる」というもの。

スクールは2か月から3か月でウェブデザイナーに必要なスキルが手に入るとうたい、生徒を積極的に集めているようです。

私もスクールの広告をみて「魅力的だな~」って思いました。

だって、まだ1歳の子供がいるから、家で学べて稼げるようになるって、魅力的だから・・・

児島由佳

ちょっと待ってください!

スクールの広告に踊らされるのはまだ早いですよ!

スクールで学べることは、あくまでもウェブデザイナーに必要なスキルのみ。

例えば、

  • 画像を作るためのスキル
  • ウェブページを作るためのスキル
  • ヒアリングするためのスキル などなど

でも、スキルだけ身に着けたら稼げるようになる世の中なら、みんな稼げる人なっています。

つまり、スクールでスキルを身に着けても、そこから稼げるかどうかは全く別問題だということです。

スキルや資格がお金を生まない理由

個人事業主またはフリーランスとしてゼロから商売をする場合、スキルだけあっても、事業を続けることが難しいのには、理由があります。

それは、「あなたから買ってくれる顧客」がいないからす。

特に、30代で未経験からウェブデザイナーになった場合、前職との繋がりがない場合がほとんど。

平成28年に発表された内閣府男女共同参画局の調査では、就業経験がない分野で事業を始める女性がおよそ半分。

つまり、「 あなたから買ってくれる顧客がいない」時点からのスタート。

そこに、スキルだけ付け加えても、「買ってくれる人」がいないから、稼げないんです。

スクールによっては、卒業後に仕事を紹介してくれるところもあるようですが、一生続く仕事とは限りません。

ですから、個人事業主・フリーランスとして事業を続けるのであれば、スキル習得だけでは安定して長期的な事業を続けることは難しいのが現状です。

まだ間に合う、30代未経験からのウェブデザイナーで稼ぐ秘訣

でも安心してください!

30代未経験からウェブデザイナーとして稼いでいくには、

「 あなたから買ってくれる顧客 」を作り続けばいいんです。

これが 個人事業主・フリーランスとして事業を続ける秘訣です。

え・・・お客さん作りって、営業をしなきゃいけないってこと?

今まで営業の仕事はやったことないから、私には無理かなぁ?

児島由佳

諦めるのはまだ早いですよ!

今は自分で営業しなくても、代わりに営業してくれる便利なツールがたくさんあるんです。

顧客をつくり、利益を出し、稼ぎ続ける条件とは

「マーケティング」を理解し、実践し続けることです。

マーケティングというと、広告や宣伝のことを想像するかもしれません。

でも実は「顧客つくり」「利益を出す」「稼ぎ続ける仕組み」は全てマーケティングにあてはまります。

マーケティングを理解せず、スキルだけを身に着けたウェブデザイナーは、残念ながら理想とする働き方と収入には程遠くなってしまうんです。

ちなみに、

2017年の総務省「就業構造基本調査」によると、

個人事業主・フリーランスの女性のうち、年収200万円を下回る「ワーキングプア」は72.4%にもなります。

この数字が物語るように、一人事業として稼ぎ続けるためには、相当の努力をしなければ難しい、ということです。

稼ぎ続けるウェブデザイナーになるための3つの条件

だからといって、ウェブデザイナーになりたい!と決めた方もいるでしょう。

そんな方のために、まずは押さえておくべきポイントを3つお伝えします。

以下の3つのポイントは、多くの未経験ウェブデザイナーに欠けているポイントです。

児島由佳

自分がポイントを押さえられているか、チェックしてみてください。

①顧客をつくり続けること

どんな事業にしても、「あなたから買ってくれる顧客」がいなければ、ビジネスとして成り立ちません。

安定して長期的に事業を続けるためには、顧客を作り続けることが必要です。

顧客を作るってどういうことですか?

SNSで宣伝して、お客さんを増やすこと?

児島由佳

そうですね。

顧客を新規で作ったら、その後に「また買ってもらえる」顧客にキープすることも必要です。

一般的に、新規顧客を獲得するために必要なコストは、既存顧客にリピートしてもらうコストの倍以上かかります。

ですから、ずーっと新規顧客を集めるのではなく、既存顧客をキープする努力も同時並行していかなくては稼ぎ続けることはできません。

②他にはない魅力があり、利益が出る商品をつくること

「あなたから買ってくれる顧客」がふえてきたらいい傾向。

だけど、せっかくお客さんがいるのに、商品に魅力がなくて、「欲しい!」と思われなかったら・・・?

売れないですね苦笑

児島由佳

そうですね売れないでしょうね。

顧客ができても、顧客に選んでもらえる「商品」がないと、売れず、稼ぐことができません。

そして、もし売れたとしても、「利益」が出ないと、事業として成り立っていきません。(これはお分かりと思いますが)

児島由佳

この基本が、意外とできていない方が多いんですよ。

③長期的に安定して稼げる仕組みにしておくこと

長期的に安定して稼げる仕組みってどういうことですか?

児島由佳

1回売って終わりではなくて、何回も買い続けてもらえるように仕組みを作りましょう!ということです。

未経験からウェブデザイナーになると、初めの仕事は画像制作などから始める方もいるでしょう。

その仕事を「次につなげていく仕組み」にしていくことが、 長期的に安定して稼げる仕組み です。

1回売れて、嬉しい気持ちはわかります。

だけど、その次も顧客から選ばれて売れなければ、あなたの事業はいつまでたっても赤字から抜け出すことはできません。

だから、商品は1つではなく、次から次に売れるように仕組みとして作っておかないと、長期的に安定して稼いでいくには、長い道のりに・・・・。

ウェブの仕事全般に言えることですが、仕入れがなく、原価がないので、「赤字」と感じない人も多いようですが、時給換算すると、赤字になってる方が多い気がします。

児島由佳

この3つのポイントを押さえて未経験からウェブデザイナーとして働けている人って、一握りではないでしょうか?

なぜなら、とても大変だからです・・・。

そうですよね。

デザインするスキルはもちろん、それ以外のマーケティング知識も身につけて、1から10まで一人でやろうとすると、時間のない主婦には難しいです・・・涙

だけどこれは個人事業主・フリーランスのウェブデザイナーとして働く場合。

働き方を選べば、ウェブデザインだけに集中できるケースもありますよ!

未経験ウェブデザイナーの色々な働き方

未経験からウェブデザイナーになると、個人事業主・フリーランスとして一人で事業をやる!というイメージがあるかもしれません。

でも実はそうではありません。

児島由佳

未経験からウェブデザイナーになった女性でも、働き方はいろいろありますよ!

①一人で独立して働きたい方

前述したとおり、一人で個人事業主・フリーランスとして働く場合、ウェブデザインのスキル以外に、稼ぐスキルを身につけなければなりません。

それには大変な労力と時間がかかりますが、不可能ではありません。

こんな女性におすすめ

  1. 一人でもくもくと作業をするのが好きな方
  2. すでにある程度の顧客を持っている方
  3. 十分なスキルがある方
  4. 時間とお金にゆとりがある方

②安定した収入を得たい方

何よりも安定して稼ぎたい場合は、就職がオススメです。

ただし、未経験者の募集は多くはなく、収入は得られるものの、パート契約で時給になる場合が多いようです。

ですが、実践を積みながら収入を得られますし、何より実績を作れることが大きなポイントです。

児島由佳

私のクライアントは、未経験からウェブデザイナーになって企業でパートをしていますよ。

自分で営業せずに、ウェブデザインの仕事ができる事が魅力だそうです。

こんな女性におすすめ

  1. 一人で仕事をするのに不安な方
  2. 顧客がいない方
  3. 安定した給与・社会保障を受けたい方
  4. 時間を決めてきっちり仕事をしたい方

まとめ

30代未経験からスタートとウェブデザイナーでも、稼いでいくためのスキルを習得すれば、稼ぎ続けることことはできます。

ですが、そのためには、これまでお伝えしたように、

  1. スキル習得だけで稼げると思わない事
  2. 稼ぐためのスキルも身に着けること
  3. 自分に合った働き方を選ぶこと

以上の3点をが必要です。

これらを押さえていけば、あなたが理想とするウェブデザイナー事業を続けていくことができるでしょう。

児島由佳

稼ぐためのスキルを身に着けたいなら、まずは今の状況を見える化するのもいいかもしれませんね!

今なら無料診断を開催しているので↓から詳細をご覧ください。

\まずはプロの目で診断して今を見える化/

目次
閉じる